ネット初心者でも在宅で稼げるの?

考え込む

「働く場所も時間も人も選べる時代」。ほんの十数年前までは考えられなかった働き方が、今は至る所に溢れています。

しかし、今までネットでお金を稼いだことのない人や馴染みのない人にとっては「本当に大丈夫なんだろうか?」という疑問が常につきまとっていることでしょう。

どれぐらい稼げるのか?

考え込む

 

そんな人たちが一番不安なのは「本当に稼げるかどうか?」ではないでしょうか。「ネットで稼ぐ」といっても千差万別。ピンからキリの世界です。

今回は「専業主婦をしながら」と条件を絞って考えてみます。例えば、副業としてお小遣い稼ぎに月3〜5万円を稼ぐのはそこまで難しいことではありません。数ヶ月ほど地道にコツコツとやれば多くの人が到達するラインです。

「ネットの収入だけで生活していける」となるとまた話は別ですが、家事や育児の隙間を縫って一般のパートと同等の収入を稼くことは十分可能なのです。

「ネットは楽して稼げる」の落とし穴

ここで注意して欲しい点があります。

世間一般では、まだまだ「ネットは楽して稼げる」といった認識の方が多いようです。たしかに単純な肉体労働や会社勤めにくらべ場所や時間の制約も少なく、不労所得化しやすいといった側面もあります。

ただ、一方で「楽して儲けることができる」ということは大きな間違いです。地道な作業の繰り返しやある程度の自己管理能力が求められます。ネットに幻想を抱きすぎた人が「こんなにしんどいなんて聞いてない!」といって投げ出すケースが発生するのはそのためです。

ネットで稼ぐために必要な4つのツール

「簡単に始めることができる」のがネットビジネスの大きな特徴。といっても、必要最低限のツールは存在します。個人で始めるにあたっては以下の4つが必須でしょう。

パソコン・スマートフォン

まずこれが無いと仕事になりません。注意しておきたいのは処理速度。ここにお金をケチってしまうと、オンラインでの作業効率は段違いに悪くなります。仕事道具にはそれなりお金をかけましょう。

ネット回線

携帯会社には多く場合通信速度の制限があります。無制限のプランも存在しますが、回線の速度は遅いものがほとんど‥。最悪Wi-Fiが飛んでいれば仕事はできますが、光回線を引いておくことが望ましいです。

フリーメールアドレス

いわゆる「パソコンのメールアドレス」です。YahooメールやGoogleのGmaiといったものがこれにあたります。アフィリエイトサイトに登録したり、顧客や取引先との連絡に必要です。

銀行口座

お金を稼いでも振り込む先がなければ相手が困ってしまいます。必ず銀行口座を開設しておきましょう。

住んでいる近くの地方銀行や大手銀行でもかまいませんが、維持費や開設費を考えると楽天銀行などのネット銀行で開設するのもよいでしょう。

ネットで稼ぐコツとは?

「ネットで稼ぐコツ」と聞くとどんな裏技が出てくるかと思うでしょうが、そんな裏技は存在しません。「1日10分で月10万」などの謳い文句のあるサイトもよくよく見てみると「今はその状態なだけで、昔は1日10時間以上時間をかけていた」なんてことも。他の職業と同様に大事なのは「他人より多くの時間をかけること」と「継続的に勉強すること」の2つです。

副業の場合でも他の人が週に10~15時間かけているのであれば、20~25時間を費やしてみる。これが基本です。一見多いように感じますが、「1日の4時間のパートに週5日出る」に比べると移動時間も無いですし、場所もシフトも関係ありません。自ら融通を効かせれるといった利点もあります。

また、ネットの世界は移り変わりが激しいことでも有名です。グーグルの検索順位で1位になっていたサイトが半年後には10ページ目に表示されている‥、なんてことも。常に新しい知識と方法を勉強していくことは、ネットで稼ぐ上で必須条件です。

ネットで稼ぐ方法

稼ぐために最低限必要なツールや、楽して稼げるというのは幻想だということは分かっていただけたでしょう。それでは実際にどんな方法で稼げばいいのか?いくつか例をご紹介します。

パソコンのスキルアップ

これは直接的な稼ぎ方ではないですが、大事なポイントなのでご紹介。

例えば、「1時間で3000文字打てる人」と「1時間で300文字しか打てない人」とでは、同じ時間働いても単純計算で10倍の差が生まれてくるのです。「コンテンツを生み出す力」も必要ですが、そもそも「基本的な操作能力」がないと仕事にはならないのです。

・資格・・・「MOS」

Microsoft社が認定試験を行っている資格です。Word、Exel、PowerPointなどの各アプリによって試験が割り振られています。日本でもっとも有名なパソコン系の資格試験といえるでしょう。

・資格・・・「情報処理技術者」

これは「コンピューターやインターネットに関する知識」を得るための資格です。基礎的なものから応用的なものまで、難易度によって資格も分かれています。「そもそもルーターって何?」という人は受けておいて損はないでしょう。

ブログ・アフィリエイトサイトの開設

個人で始めることのできるネットサービスの代名詞といえば「ブログ」。実はブログでも紹介などを行うことによってアフィリエイト収入を得たり、アクセス数が多くなれば広告収入を得ることが可能です。月3〜5万の収入は1年間ちゃんと運営すれば手の届く範囲です。また、ブログ本体からの収益だけでなく「ブログの記事を見た人から仕事の話がくる」といったケースもあります。

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングとは一言でいうと「企業と個人の仕事をつなぐプラットフォーム」です。企業が形にしたいデザインや、求めている文章を個人に外注できるサイトです。

例えば、比較的誰でも取り掛かりやすいライティングの案件であれば「1文字1円で1000文字」などのものがあります。これだけみても慣れてくれば時給1000円以上は見込めるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎには十分な収入を得ることができるでしょう。

稼ぎたいならポケットワーク!
最大1万円のボーナス支給・ノンアダルトOK!

稼ぎたいならポケットワークで決まり

登録特別報酬即時払いも用意されています。人の目を気にせず安心して稼げる環境があります。当日支払いも可能ですので、
  • 待ち合わせの前に稼ぎたい
  • 日払いしてその日の交遊費に充てたい
  • 欲しい服があるけど、給料日前…しかもセールは明日まで ...など
顔出し無し・ノンアダルトOKですので、空いた時間にチャットして稼いでください!