マイナンバー制の導入で副業が会社にバレる?

驚くリーマン

多くの会社では、従業員の副業を禁止しています。これは、本業である自分の会社での仕事に身が入らなくなったりする事を恐れての事です。

しかし、会社にバレル事が無いようにネットを活用した副業を行っているサラリーマンは結構多いようで、マイナンバー制の導入が決まって以来、副業がバレルのではないかと言った事が、ネット上で話題になったりもしています。

本来、マイナンバー制が導入されなくても、副業で年間20万円以上の収入があれば、雑所得として確定申告する必要があります。そして確定申告し、給与所得と合算して所得税が再計算され、源泉徴収分での不足分を支払う必要があるのです。これは国民の納税義務なのです。

この確定申告自身は、会社にバレる要因とはなりませんが、この確定申告データーが市町村に伝達され、次年度にそれを元にして算出された住民税を給与所得から源泉徴収するために、会社に連絡が行くのです。この事によって、副業が会社にバレル可能性が高いのです。

この住民税を、源泉徴収ではなく自分で払う事を選択する事も可能ですが、従来は源泉徴収していたものを自分で支払うとなると、総務などにその理由をいかに説明するかが問題となり、総務が怪しみ、結果的に副業を疑われる事が避けられないと言えるでしょう。

マイナンバー制度導入に関わらず、本来すべき副業の確定申告をしていれば、バレる仕組みとなっているのです。しかし、ネットで副業していて支払先から自分の名前が税務署にバレテいても、同性同名者も世の中には存在する事が多く、税務署が中々個人の特定ができないと言う課題があり、確定申告しなくても見過ごされて来たのです。

それが、マイナンバー制の導入で、個人が簡単に特定できるようになる事で、わずかな副業の金額でも、税務署がその気になれば脱税だとして取り締まる事が可能になるです。

確定申告して、源泉徴収で不足分の所得税や住民税を支払う事はやぶさかでなくても、サラリーマンにとっては本業の会社にバレル事はやはり一番避けたい事で、大変頭の痛い問題となっているのです。ネット経由で副業の支払いを受けていて、その支払いを受けている所から、マイナンバーの登録を要求されれば、その年度分から大きなリスクを抱える事となってしまうのです。

本業に影響しない程度のサラリーマンの小遣い稼ぎの副業には、会社はもう少し寛容であってもらいたいと思ってしまいますネ。

rank1

【当サイト登録ランキング第1位】
大手チャットレディ事務所。最大1万円のボーナスがもらえます(スマホもOK!)

【報酬】 報酬率50%~(業界最高水準)
【ジャンル】 アダルト・ノンアダルト・ミックス
【顔出し】 自由
【在宅/通勤】 両方可能
【デバイス】 PC・スマホ
【おすすめな理由】
  1. 業界最高水準の報酬率
  2. 1万円のボーナス支給(新人手当)
  3. 当日支払い可能
  4. 女子スタッフによるサポート(24時間365日)体制あり
  5. 提携ライブチャットは7サイトと業界NO.1
  6. 移籍してくるチャットレディ多数
  7. スマホOK!スマホチャットレディ、メールレディ、テレフォンレディ選べます
  8. 全国展開中!主要都市に仕事場あります

稼ぎたいならポケットワークで決まり

ポケットワークは全国展開している大手チャットレディ事務所です。報酬率も業界最高水準で在宅チャットレディであれば51.5%~54%の永久保証となっています。

サポートも充実しており、元チャットレディの女性スタッフが常勤しているので気軽に相談やコツなどをアドバイスをもらうことができます。だから経験者からの評価がとても高い事務所なんです。

提携ライブチャットは8サイトと多く、日本最大級のDMMライブチャットとも提携しています。ポケットワークなら、慣れてきたら他のライブチャットにも挑戦!なんてもこと簡単にできちゃいます。

人気NO.1の秘密はこちら ⇒ 【ポケットワーク経験者が教える】初心者ならポケットワークがオススメな理由