CATEGORY 税金・確定申告

チャットレディの税金・確定申告

これから始める人も、すでにチャットレディをしている人も税金対策は不安なはずですよね。
それらの解決方法をお伝えします。

マイナンバー導入によって、確定申告をしないとどうなるのか?

自営業や副業等で一定の収入を得た人や、会社の経理等で処理が出来ない人など、ある一定の人には確定申告をする義務が発生します。けれどチャットレディにとって「確定申告をしたら会社や家族にチャットレディをしていることがバレるのでは…?」という不安も当然あることでしょう。けれど、だからといって「じゃあ確定申告なんてしない!」といって放っておいてしまったらどうなってしまうのか?これはマイナンバーの導入以前からもあったペナルティですが、基本的に余計に払わなければならない罰金が「追加税」という形でのしかかってきます。しかもこれは故意に確定申告をしなかった場合はもちろん、うっかり忘れてしまっていたという不意にしても払わなければいけくなってしまうので後々面倒なことになってしまうのです。罰金の種類は大きく分けて2つ、
確定申告の申告書を期限までに提出しなかった場合に課せられる「無申告加算税」と
申告書を出していたにもかかわらず、支払わなければならない税金を期限までに払っていなかった場合に課せられる「延滞税」があります。

いくらから税金がかかるの?

では実際にいくら収入があると税金がひかれるのか?基本的に一般的な社会人は103万円以上の所得が発生した場合には税金がひかれ、確定申告が必要となりますが、チャットレディは実は同じではないのです。チャットレディは一年間のお仕事での収入が38万円を超えてしまった場合、確定申告をし税金を支払う義務が発生するのです。何故一般的な会社員は103万円なのに対して、チャットレディは38万円なのか?それは実は、雇用形態の違いにあります。一般的な会社員というのは会社に雇用されてお給料をもらいますが、チャットレディの場合は「給与」ではなく「報酬」としてお金をもらいます。チャットレディとチャット会社は「雇用契約」ではなく「業務請負契約」という関係性なのです。

どれくらいのお金を払うの?

では実際にどのくらいお金を払わなければいけないのか?
実際に払わなければならない税金の種類というのは2種類あります。それは「所得税」と「住民税」です。所得税というのは、文字通りお仕事をして得た所得の何%という形で決められます。なので所得税に関しては人によって払う額に違いが出てきます。そして住民税というのは皆一律で所得の10%になります。この2つを払う必要があり、その金額も稼いだ金額によって人により大きく変わってくるのです。

確定申告で親バレ・身内バレするの?

確定申告をすることで、チャットレディとして働く人達が一番恐れているのは親や身内にバレてしまうということですよね?簡単にいってしまえば、確定申告をすることによって「チャットレディ」をしているということはすぐにバレることはありません。「副業」「アルバイト」をしている程度のことならわかるかもしれませんが。ただ気をつけたいことは、親の扶養に入っている人は限度額以上稼いでしまった場合、扶養控除が適応されなくなり、親の支払う税金があがりそのことからバレるということも多いです。気をつけるべきことは、年収を限度額以内に抑えるように仕事をするか、または必要経費を増やして所得を低くするなどの工夫をしていかなければならないということです。

具体的な(確定申告の)仕方

じゃあ確定申告をするとして、まず何をどう準備すればいいの?何から始めればいいの?難しくてよくわからない!と思ってしまいますよね。当然、自営業で確定申告に慣れている人などにとっては簡単な作業ですが初めて確定申告をするときは「難しそう…」と思ってしまい尻込みをしてしまうものです。けれどきちんと準備をしていけば特に困ることなくスムーズに確定申告をすることができます。
まず把握して覚えて置かなければいけないこと、それは「確定申告の時期は2月16日~3月15日まで」ということです。その期間中に、前年の1月1日~12月31日までの期間の分を「平成◯年度の所得税の確定申告書」という書類に記入して税務署へ提出します。

青色申告をしましょう

「青色申告」って何?という所から説明したいと思いますが、確定申告には白色申告と青色申告という2種類の申告方法が存在します。正直に言ってしまえば白色申告よりも青色申告のほうが準備しなければならないことが多いので少し面倒です。けれど青色申告は初心者向けとも言われており、税金が安くなったり、繰越ができたりと白色申告よりもメリットがかなり大きいものになるのです。

チャットレディの税金対策節約術

チャットレディをするにあたって、税金を多く払わないようにする節約術はあるの?という部分ですが、結論からすると「かなりあります」チャットレディでお仕事をして報酬をもらい、何も考えず「わーい今日も頑張った!」で終わってしまう人はちょっと注意してくださいね。税金額を少なくするためには「チャットレディの仕事をするために払った必要経費」というものをこまめにチェックするようにしてください。例えば、お客さんとチャットをするためのインターネットの通信料・電気代、また、ウェブカメラやマイクを新調したりしても「チャットレディの仕事で使うもの」とすれば経費として処理できますし、場合にもよりますが、チャットレディは接客業にもなるので美容院代や衣服代なども経費で落とせる場合もあります。様々な出費を経費として処理すれば税金対策にもなります。ただ1つ大切なのは、きちんと経費として処理するために「絶対にレシートや領収書は捨ててはいけない」ということです。

・チャットレディの経費になるものって?

確定申告しない方法はあるの?

確定申告をする必要があるのに、確定申告をしないと法的に罰金として税金の支払い義務が生まれるということを上記で説明しましたが、実は法律に則って確定申告をしなくて済む方法があるのです。その方法は、まず「収入」の合計と「控除」の合計を計算しそこで出た「収入の合計」から「控除の合計」を引きます。そこで出た金額分の「経費として処理できる」領収書を集めることができれば、確定申告の必要はなくなります。なぜなのかという部分は説明すると長くなるのでリンク先から詳しく説明させていただきますが、「どうしても税金を払いたくない!」「絶対確定申告したくない!」という人にはこの方法をおすすめします。